OSUGA
株式会社 大須賀工務店
www.osukerhome.co.jp HOME
イシンホーム
その他注文住宅
輸入住宅
賃貸マンション
フル・コダテ
官公庁事業
商業建築
医療・福祉施設
事務所・工場・倉庫
不動産
会社概要
リクルート
お問い合わせ
カタログ請求
リンク集
サイトマップ
HOME
賃貸マンション

《 賃貸経営 How To 》

アパート建設による固定資産税の軽減措置

・固定資産税を安くする建物規模
・ 空地は損をする
賃貸マンションを建てる規模の目安をご確認ください。

 
固定資産税 [空地に賃貸マンションを建築すると、固定資産税が軽減するのは何故か?]
Q
現在活用していない空地を所有しているので、賃貸マンション建築を検討しているのですが、建築後の土地の固定資産税は、どのようになるのでしょうか。
A

あなたが1,000m2の土地を持っておられ、
そこへ仮に8戸(8世帯)のマンションを建てた場合を考えてみましょう。

1,000m2÷8戸=125m2

となって一世帯あたり200m2以下ですから、
この場合、固定資産税は1/6に軽減されます。
この一世帯あたりの敷地面積が200m2F以下のものを小規模住宅用地といいます。

もし、一世帯あたりの敷地面積が200m2を超えていれば
その超えている部分については1/3の軽減になります。


通常住宅用地については、課税標準を課税台帳に登録された価額(評価額)の1/3とする特例が設けられています。※住宅の床面積の10倍の面積を限度とします
(地法349条の3の2(1))
また、住宅用地のうち、面積200m2以下の部分は「小規模住宅用地」として、価格の1/6とされます。(同条(2))
ところで、アパートやマンション等はその1戸を1住宅としてみてくれます。仮に12戸の賃貸マンションが1500m2の土地の上に建てられたとします。

12戸×200m2=2400m2

又2400m2>1500m2ですから敷地全体が1/6の価格となるのです。但し、この場合敷地が2400m2を超えている部分については1/3の価格となります。
 
ページ上部へ Copyright 2006 Osuga Koumuten co.,ltd.All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission. ページ上部へ