OSUGA
株式会社 大須賀工務店
www.osukerhome.co.jp HOME
イシンホーム
その他注文住宅
輸入住宅
賃貸マンション
フル・コダテ
官公庁事業
商業建築
医療・福祉施設
事務所・工場・倉庫
不動産
会社概要
リクルート
お問い合わせ
カタログ請求
リンク集
サイトマップ
HOME
賃貸マンション

《 賃貸経営 How To 》

どうすれば入居者は集まるの?〜賃貸経営で入居者が集まる建物の条件〜
これからアパート・マンション経営に取り組もうとしている方にとって一番の心配は 「本当に入居者が入るのか?」です。

かつては、アパートを建てれば入居が入る時代がありました。しかし、近年では長引く低金利政策の中でアパート・マンション経営が資産活用の有効手段として注目され出し、賃貸住宅の数が充足されつつあり、賃貸経営にも「勝ち組」「負け組」がはっきりし始めています。

これからアパート・マンション建設を計画される方に「本当に入居者が入るのか?」と聞かれても、単純に「YES」とも「NO」とも答えられません。

最近は、家賃保証があるので間取りや構造に無頓着という方が意外に多く、事業計画の内容がわからないまま契約して失敗するオーナー様が増えているからです。

賃貸アパート・マンションをご計画する場合に一番大切なのは、入居者に入居してもらえるのかどうかです。

難しく考えず単純に「入居者の立場になって考える」事でこの問題に対しての答えが出てきます。
 
入居者が集まる賃貸住宅4要素
(1) 立地条件
建設予定地が、入居者にとって利便性の良い場所か?
通学・通勤・買い物・病院・公共施設・交通機関などへの所要時間は?
(2) 家賃設定
入居者が支払い可能な設定であるか? 周辺物件と比較して適性であるか?
(3) 間取り
対象となる入居者に好まれる間取り(部屋数・広さ・装備)か?
使いやすさはどうか?
(4) 居住性
特に上下階での音の問題(周囲に気を使わなくて生活ができるのか?)
地震や火災から家族を守ることができるか?
 
空室の多い物件は上記の4要素のうち、どれかがかけている場合が多いのです。入居者の立場に立ったマンションを建てる事が長期安定経営につながるのです。
 
ページ上部へ Copyright 2006 Osuga Koumuten co.,ltd.All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission. ページ上部へ