OSUGA
株式会社 大須賀工務店
www.osukerhome.co.jp HOME
イシンホーム
その他注文住宅
輸入住宅
賃貸マンション
フル・コダテ
官公庁事業
商業建築
医療・福祉施設
事務所・工場・倉庫
不動産
会社概要
リクルート
お問い合わせ
カタログ請求
リンク集
サイトマップ
HOME
賃貸マンション

《 相続・税金対策》

不動産取得税の計算方法
・不動産取得税
[建物を建てたときかかる税金は?]
 
不動産取得税の計算方法 (60日以内に申告すれば特典あり)
Q
近いうちに貸店舗経営をはじめたい、と考えていますが、建てたときの不動産取得税はどのくらいかかるのでしょうか。その計算方法を教えてください。
A
不動産取得税は建物を建てると一度だけ都道府県より課税される税金です。
その計算方法は(住宅部分)
(建物の評価額- 1200万円 ×3%
  (新築住宅の場合)  
となっています。
 
計算例
2,700万円の店鋪付住宅
(2階部分が住宅で3世帯が入居するものとします)


店舗部分
    概算評価額      
2700万円 × 0.7 × 1/2 ×3%=37.8万円
建築費       店舗部分の床面積の割合  

住宅部分
      控除額      
(2700万円×0.7× 1/2 - 1,200万円 ×3世帯分)× 0.03 =0円
  住宅部分の
床面積の割合
      税率  

となり、住宅部分には課税されないことになります。 なお、1,200万円の控除額は一世帯あたりで計算ででき、不動産取得税は申告制で建物を取得した日から60日以内に都道府県税事務所に届出しないと1,200万円の控除額が受けられなくなることがありますので、注意して下さい。


※ 共同住宅等の場合に1,200万円の控除を受けるには、床面 積が1世帯あたり40m2以上240m2以下であることが必要です。(〜平成10年3月31日まで取得35m2以上200m2以下平成10年4月1日〜平成10年6月30日まで取得35m2以上240m2以下)
 
ページ上部へ Copyright 2006 Osuga Koumuten co.,ltd.All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission. ページ上部へ